募金でできる福祉活動

福祉活動と言うと自分には関係がないと考えたり、どのようなことを行えばよいのかわからないことがあります。
しかし身近にできる福祉活動として募金があります。
例えば赤い羽や歳末助け合い募金などが有名です。
集められたお金は全国の老人、児童、障害者施設やさまざまなボランティア団体などに配分されて役立たれています。
直接的には手伝いをすることはできませんが、募金をすることで間接的に人の役に立つことができます。
最近ではコンビニや飲食店などでも年中募金箱を設置している所が多いので誰でもお金を入れることができるようになっています。
これによりお店で商品を買った時、お釣りの小銭を少しでも寄付することで日本の福祉事業に貢献することができるようになっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連menu

更新情報

ボックス画像1

1951年に社会福祉事業法が制定され、学校や街中でよく見かける赤い羽根共同募金が法制化されました。<

福祉の募金で町を良くしましょう

ボックス画像2

福祉というと歳末助け合いや年末街頭募金など募金や寄付などで弱者を助けるというイメージを持ったり、集め

福祉における募金の果たす役割

ボックス画像3

わたくしたちは、社会的に恵まれない人たちに対する援助として、国からの補助や団体からの寄付金や一般市民

福祉の充実・向上と募金

ボックス画像4

福祉にはたくさんの募金があります。
一度は誰しもが協力した経験がある方が多いです。
街頭

街頭での募金は社会福祉に役立つ

Copyright© 福祉 募金 All Rights Reserved.

募金でできる福祉活動